最近のトラックバック

最近のコメント

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 杉並区浜田山で第17回「これからの葬儀を考える勉強会」開催 | トップページ | 高田馬場で第19回「これからの葬儀を考える勉強会」開催 »

杉並区久我山で第18回「これからの葬儀を考える勉強会」開催

こぢんまりとした杉並区久我山の勉強会、お客様は女性1名様です。
まあこういう日もあるでしょう。
今日のお客様(70歳代)は、葬儀のことを知らないより知っていた方が良いと思い参加されたとか。ご熱心ですね。
Kugayama_seminar







希望される葬儀は?とお聞きしますと、「音楽葬」だそうです。
賛美歌・子守歌を聴きながら,集まった人と一緒に癒されて送られたいとか。
熱心なクリスチャンではないとおっしゃっていたので、宗旨色の薄い式をお考えなのでしょう。
葬儀費用は自分で用意するお考え、できるだけ低予算でと希望されました。

一般に葬儀の契約は時間と情報がお客様にとって限られていることから、消費者が不利といわれます。

最近は葬儀社も葬儀について様々な方法でお知らせするように努めています。
当社の勉強会もお葬式の特徴を知って戴くことを目的としています。

冠婚葬祭のしきたりについて、今はインターネットで検索すればかなりの手がかりが得られます。
少し前までは本屋に駆け込むのが手っ取り早い方法でした。

 書店へいけばマニュアル本は随分並んでいます。
内容に関してはいずれも一長一短、これが一番という解説本はないですね。
先に出た本を参照して書かれたような表現が散見され、嘘とはいえないでしょうが、どうかなと思う箇所が多々あります。

慣習のことでもあり、お付き合いの仕方なので100%正解というものはありませんが、どうもスッキリしません。
そのなかで最近興味深い本を2冊読みました。ご紹介します。

■「新・お葬式の作法」碑文谷 創著 平凡社新書 ISBN:4582853145
葬送の現状や問題点を俯瞰できます。個別の葬儀業者では達し得ないレベルの知見です。
新・お葬式の作法

■「冠婚葬祭のひみつ」斎藤 美奈子著 岩波新書 ISBN:4004310040
マニュアルを読み解くなかで儀礼の変化をうまく説明しています。婚礼の新演出の背景などは驚きます。
冠婚葬祭のひみつ

« 杉並区浜田山で第17回「これからの葬儀を考える勉強会」開催 | トップページ | 高田馬場で第19回「これからの葬儀を考える勉強会」開催 »

生前予約」カテゴリの記事

葬式」カテゴリの記事

セミナー」カテゴリの記事

勉強会」カテゴリの記事

散骨」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 杉並区久我山で第18回「これからの葬儀を考える勉強会」開催:

« 杉並区浜田山で第17回「これからの葬儀を考える勉強会」開催 | トップページ | 高田馬場で第19回「これからの葬儀を考える勉強会」開催 »